Web予約

TEL: 092-663-8103

院長の遅刻

2010年11月02日

ハロウィンも終わり、青葉は徐々にクリスマスバージョンに変化しつつあります

さて今日は昨年12月6日に生まれた周穂(しゅうほ)くんをご紹介します
周穂くんママは妊娠中、切迫早産で入院していました
なかなかお腹の張りが治まらず不安も大きかったみたいですが、忙しくて会えない旦那さんが面会に来てくれた時はすごく表情が明るくなっていたのが分かりました
結局2回にわけて約3週間の入院することになりましたが、大好きな旦那様と一緒だったから頑張れたのではないでしょうか?青葉スタッフはそう思ってましたよ♪

切迫早産を乗り越えて、予定日の夜にとうとう陣痛がやってきました
来院された時は、かなり苦痛な表情で旦那さんに支えられないと立ってられない感じでした
いい陣痛がきてあっという間に子宮口7cmまで開きましたが、途中廻旋異常でお産が停止してしまって・・・、四つ這えになったりあぐらの姿勢をとったりしてやっと全開大までたどりつきました
すごく頑張りましたがママの体力も尽きそうになったので吸引分娩でお産になりました
3320gで小さなママには立派過ぎる周穂くんでした



周穂くんが生まれた夜の事はよく覚えています
あの時は集中して3人のおこちゃまが生まれました
周穂くんママが1番最初に入院したと思うのですが、その後二人の経産婦さんが入院してあっという間に追い越されちゃいましたね

スタッフ2号らがバタバタしている間、パパとママは二人で上手に呼吸法で乗り越えてくれました
妊娠中と同様、お産も二人で乗り越えて、ママには大変なお産だったと思いますがとてもいいお産だったと思います

お産後の育児はてとも大変ですが周穂くんママはパパと二人だけで育児頑張ってました
おっぱいも頑張りたいって、マッサージにも通ってましたよね

ちょっと頑張りすぎじゃないかなと心配していましたが、今年のGW明けに親子で遊びにきてくれました
約5ヶ月の周穂くんです!


生まれた時はのんびり屋さんでなかなかおっぱい飲んでくれませんでしたが、大きくなりましたね♪

今はご主人の転勤でお引越ししたということでしたが、その後みなさんお元気ですか?
また是非遊びに来てくださいね
(ママの許可を貰ってUPしています)

ここでこぼれ話・・・
この日、院長はあるスタッフの結婚式に出席予定だったのです
スタッフもバタバタして大変な夜ではありましたが、さすがに院長も疲れてたのか、つい寝坊してしまった様で、式から出席の予定が披露宴からになったということです(婦長情報)
この日はスタッフの記憶にも残る日でもありました
PAGE TOP